Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第百十六回 Singaporeを歩いてみると

多民族国家のシンガポールでは、中国、マレー、インドそしてイギリス、日本などバラエティ豊かな文化が根付いている。気づいたら一週間毎日違う国の料理を食べていたりする。日々触れる異文化たち、それが私には大きな魅力だ。仕事でもプライベートでももう数十回訪れているけれど、毎回この小さな国は飽きることなく魅了してくれる。そこで、今回は街を歩いて気になったものを紹介。





ある日の昼時。歩道橋のエスカレーターで目の前に立っていたおじさんがこんなものをぶら下げていた。

f0183347_1602478.jpg


きっと熱々のスープか何かだろうと思うけれど、この人は中国系だったので中華料理?
本当は後ろから「すみません、それは何ですか?」と聞きたかったけれどやめた。






地下鉄でおしゃれな広告を見つけた。こんな展示方法、初めて見た。

f0183347_1642851.jpg


f0183347_1644272.jpg


カラフルで楽しくて、いい!と思ったのだけれど写真を撮ってるのは私だけだった(汗)。
東京メトロなんかでもやったらいいのに。
でも。。。結局何の広告だったんだっけ?笑








THAT CD SHOPはシンガポールにいくつかあるけれど、ここがお気に入り。

f0183347_16172649.jpg



セレクションと内装が好きで、2時間くらいは平気で過ごしてしまう。ラウンジ系ミュージックや有名コンピレーションもの(Hotel CostesやCafe del Marなど)も豊富だし、エレクトリックなタンゴやジプシーもの、「なんでこんなものが!」というマイナーなものもけっこうあって嬉しい。まさにMJ好みのお店なのだ。ちなみに日本のものもけっこうあり(宇多田ヒカルとか椎名林檎とか)、値段は日本よりだいぶ安い。







リトル・インディアで香辛料を買ったり、アラブ人街でふらりと入ったカフェでお茶を飲んだり、風水に基づいて建設されたモールに行ったりもする。4カ国語で書かれた地下鉄の注意書き。かと思えばそんな喧噪を一切忘れて川沿いでぼーっとしながらワインを飲んだり。まさに解放される至上の時を、Singaporeで過ごしたい。
[PR]
by maikojazz | 2010-03-11 16:39 | 旅先; 東南アジア