Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第百四十回 Singapore trip -1-

私にとって、急に数日空いた時にふと行きたくなるのは、遠すぎず近すぎずのシンガポールやタイだ。
一昔「アジアごはん」なんてフレーズがコンビニのCMで使われていたけれど、私はアジアごはんが大好き。毎日フレンチやイタリアンはちょっと飽きるけれど、アジアごはんなら飽きない自信ある!笑
(ごはんレポはまた次回以降にお伝えします...)





多国籍文化がとにかく楽しく感じるシンガポールは、永住権を持つ人口の75%が中国系、14%がマレー系、9%がインド系だそうだ。なので公用語も4つある。実際現地にいれば気づくが、シンガポールにいるインド系の人はデリーなど北部で普及するヒンディ語を話す人々ではなく、東南インドで広く普及するタミル語を話す人々が多いので、公用語もタミル語だ。



例えば地下鉄の表示にも英語、中国(北京)語、マレー語、タミル語の四カ国語が表示されている。

f0183347_225374.jpg


f0183347_22525044.jpg


f0183347_22523255.jpg




とは言え、若い世代はほとんど皆が英語を話すらしい。多くの観光客でにぎわうOrchard road辺りでも表示は大概英語のみだった。

(正しいことをしよう!ゴミを捨てよう!と訴えるお洒落なゴミ箱)
f0183347_23164841.jpg




個人的にツボだったのが「Press for Green man」という押しボタン式信号の表示。
f0183347_2318235.jpg






と、シンガポールの概要紹介はこのくらいにして、ピンポイントで街を訪れてみましょう。
(次回に続きます)
[PR]
by maikojazz | 2011-06-14 23:20 | 旅先; 東南アジア