Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第八回 魅惑のアラブ 中編

(前編からの続きです)

そんなふうに、肌を現地に馴らしてから次の日にはちょっとお出かけ。
まずはタクシーで近くのモールへ。tax freeの文字が並ぶお店を素通りし、小綺麗なブランドショップとは様相の全く違う地下1階のお土産やさんに直行。


f0183347_12334826.jpg
f0183347_1234790.jpg




綺麗な色石がついたティーセットや、カラフルな水パイプ。
この感じ、いかにもなんだけど私を魅了する。小学校の学芸会でやった「アラビアンナイト」の物語や、小さい頃にらくだの代わりにホウキにまたがって歌った「月の砂漠」は、じつはこの辺りから来てるってことだよな... と思い出しながら。




小さなラクダの置物や、鍋敷きやキャンドルホルダー。キッチュとも言える小物をもちろん値切って買い、次はゴールドスーク(黄金市場)へ。


f0183347_12415298.jpg



ドバイのゴールドはだいたいが24金なので、普段私が目にする18金よりも黄色みが強い。もう少し年輪を重ねた時に、嫌みなく24金をつけられるような迫力あるオンナでありたい。50歳を超えたくらいには、似合うようになるのかな?





アーケードを通り過ぎて奥まったところには、アラビアンなスリッパやさん。
大人の靴の中に子供の靴をディスプレイするセンスがカンガルーみたいで好き。

f0183347_12492269.jpg







イスラムの女性は肌を隠すのが通例。なので、限られた中でのおしゃれを楽しむ。
この服装に、ヘジャブと呼ばれるスカーフを頭から巻くのが、ドバイのスタンダード。

f0183347_1251622.jpg






...かと思うと、すぐ隣にはベリーダンスの衣装屋さんが、こんな露出の多いセクシーな衣装を売っていたりする。

f0183347_1258236.jpg



どっちも買って着る人も、いるんだろうなぁ...



(そして、後編へつづきます!)
[PR]
by maikojazz | 2008-09-21 13:01 | 旅先; アラブ諸国