Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

カテゴリ:旅先; オセアニア( 3 )

ある時のフライトで、ロシアのある地からニュージーランドのRotoruaまでというルートがあった。
それまでニュージーランドに行った事はなかったので、ちょっとうきうきしていた。Rotorua空港に降り立ち、お客様を見送った後に私たちcrewも入国審査をする。そして、飛行機をそこに停めて一泊することができなかったためにそのまま機内に戻り、すぐそばのAucklandに移動。きっと成田ー羽田間と同じくらいの、短い距離だ。それまでいらしたお客様の代わりに搭乗するのは、Rotoruaでお客様と飛行機のハンドリングをしてくれたJさん。元々の住まいと勤務先はAucklandなのだけど、Rotorua空港が手薄なためプロペラの付いた小さなターボプロップ機で駆けつけてくれたのだ。

f0183347_8185357.jpg







親切でfriendlyなJさん、初めて会ったのにそんな気がしなくて不思議だ。実際、世界の何カ所かにいる「初対面でなぜか気が合う人」の一人だ。台北のハンドラーRさんやドバイのハンドラーHくん、バンクーバーのケータリング係のNちゃんもそうだ。

そのJさんと私は、キャビン中ほどのダイニングテーブル席に向かい合って座り、Aucklandまでのフライトの間ずっとおしゃべりをする。日本人のprivate jet crewに会ったのは初めてというJさんは、これまでに私が行った場所で最もexcitingだったのは?とか、この飛行機は最高どのくらい飛べるの?など質問攻め。私もそれに答えつつ、Aucklandの生活やRotoruaにいるマオリ族のことなどを聞いた。


Aucklandに着いてからGuamに戻るまではまたフェリーフライト(お客様なしの飛行機とcrewだけの移動)なので、ミニマムレストが適用される。悲しい事に観光などは一切できない。Aucklandの空港オフィスでcrew mealだけをオーダーし、コーヒーを飲みながら思い出した!
「そうそうもう一つ、マヌカハニーを買っておいていただけますか?機内の蜂蜜はRotoruaの検疫で取られちゃったの」




マヌカハニーとは、ニュージーランドで自生するマヌカ(オーストラリアではティーツリーと呼ばれる)の花から取れる特別な蜂蜜だ。抗菌作用があるので、普通にヨーグルトに混ぜたり飲み物に溶かして使う以外にも、のどが痛い時にそのままなめたり傷口に塗ったりする。実際、口内炎ができた時にマヌカハニーを塗っていたら半日で痛みが取れた。日本で買うと高いしGuamにはそんなしゃれたものは売っていないので、ここAucklandでお買い物を依頼。「お易い御用だよ!」とJさんは微笑んでくれる。







 次の日の出発時。Crew mealとマヌカハニーを受け取り、機内で出発準備をしていたら。トントントンと誰かがステップを上がってきたので見るとJさんだった。「Hi MJ, 準備は順調かな?これ、あなたのフライトが楽しくなるように」と小さなかわいらしいブーケを差し出してくれる。「え、私に?ありがとう!」ちょっと感動。今までそんな風に、お客様へではなく私のためにお花を用意してくれるハンドラーさんには会った事がなかったから。もう〜、Jさんがあと10歳若かったら好きになっちゃうかも!


おかげで?そのフライトはpilotsに「お花をもらったんだって?もてもてだな〜」とからかわれながら最後まで浮かれ気分。観光できなかった街でも、そんな人との関わりが暖かく印象づいて「また訪れたいな」という気持ちになってしまう。また、いつの日か。
[PR]
by maikojazz | 2010-03-02 08:56 | 旅先; オセアニア

第八十八回 Enjoy me

オーストラリアのシドニーに到着してすぐに近所のスーパーマーケットに行った。
そこで見つけたのがTim Tamの特別仕様?思わず買ってしまったシリーズ。
中身は普段のものと同じ、甘くて濃厚なミルクチョコとビスケット。


f0183347_11331094.jpg


「私をほしがって」
「私を愛して」
「私を楽しんで」

こんな直接的な表現がかわいい。不思議の国のアリスにも「Eat me」と書かれたクッキーが出て来た(それで彼女は大きくなったり小さくなったりした)。

Tim Tamは美味しいので思わずもうひとつ、と手が出るのだけど、実はすっごいカロリーの持ち主。気をつけなくちゃ(笑)。
[PR]
by maikojazz | 2009-08-19 11:37 | 旅先; オセアニア

第十九回 Perth, Australia

オーストラリア大陸の西側に来たのは初めてだ。高校の時にSydneyとその近郊で1週間ほどの現地交流プログラムに参加したことはあったけれど。

この時はまた変わったルートで、6日間でSingaporeからSydney、Perth、Singapore、Dubaiと移動した。しかもたった1人のお客様を乗せて。機内での会話の中でそのお客様が話してくれたことには「うちの自家用ジェットは2機あるんだけどね、今回はたまたま家族が両方使うというから、じゃあ僕がチャーターするよって言ったんだ。この飛行機は過ごしやすいからよかったよ」。。。この世にはそういう人が沢山いるということを、改めて思い知った一瞬。





さて、Perthに到着する前。ふと外を見るとエメラルド色の海が広がっていた。

f0183347_131444.jpg





じゃあまた明日、とお客様を見送って機内の片付けと清掃を終え、私たちもホテルに向かう。送迎の車の中から不思議なタワー?が見えたのでドライバーさんに尋ねると「あれはね、世界で一番大きな楽器だよ」...


f0183347_13254168.jpg




フライト後の疲れた耳が聞き間違えたのかと思ったけれど、話をきいてみると実際に楽器だった。Swan bellsまたはBell towerと呼ばれるこれは、建国200年の記念にロンドンの教会で使われていたものをはるばる海を越えて贈られてきたとのこと。イギリス人を祖先に持つ人が多いこの地では、他にもイギリスっぽい建物がたくさんだ。



Pilotの1人と街を散策。このpilotは行く場所行く場所で「思い出に」とTシャツを買うのだけれど、いつも微妙〜な(ごめん)チョイスをしては満足そうに私に見せてくれる。そしてたまに「こないだの○○で買ったTシャツ」とうきうき着ている。60歳くらいのおじさんのやることなので、かわいいと言えばかわいいのだけれど...




ホテルから歩く途中に、とてもオーストラリアなものに出会う。

f0183347_13525062.jpg





きゃあきゃあとお互い写真を撮って、調子に乗ってカンガルーにまたがってみたりしてから街なかでお買い物。1時間半ほど歩き、疲れたのでカフェで休憩することに。ヌガーとカプチーノを注文。このヌガーがとっても美味しかった!

f0183347_1357183.jpg





そうこうしているうちに、夕方に。ホテルに戻る途中の遊歩道からは川べりと向こう岸の町並みとが見事に調和していた。「世界一住みやすい町」だけに、治安だけでなく自然もレベルが高い。

f0183347_1401377.jpg




ホテルのエントランスを通って、気づいた。
この象たちがもしカンガルーだったら... 私はもっとこのホテルを好きになったかも。

f0183347_1444120.jpg

[PR]
by maikojazz | 2008-10-22 14:05 | 旅先; オセアニア