Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美しい街、Brightonに戻りましょう。

小石でできている浜辺には、メリーゴーラウンドもある。留学していた時に、ホストファミリーの孫が小さかった(確か3−4歳だった)ので、一緒に乗ったような気がする。

f0183347_13423657.jpg



f0183347_1343446.jpg



海辺のメリーゴーラウンドなんて、あまりにも美しくて... 何度も訪れたし、連れていった友人や同僚たちも「これは... いいね!」と感動したり写真を撮りまくったりしてくれるのが誇らしい気分にもなる。






もうひとつ、美しいのがRoyal Pavilionと呼ばれる建物。

f0183347_13465472.jpg


(夕暮れの写真ですが、綺麗なのは分かって頂けるかな)

f0183347_1349776.jpg


これは、GeorgeⅣ世が建築させた、外側はインド風、中は中国風の瀟酒な館だ。

いまだにリンクの付け方が分からないので(すみません 笑)、こちらに参考URLを。
http://www.brighton-hove-rpml.org.uk/RoyalPavilion/Pages/home.aspx





裏側に回ると芝生の大きな庭がある。天気の良い週末なんかは大人気!
気をつけないと、たまに犬の落とし物が... ここで一度、誤って踏みつけたトラウマ。笑

f0183347_1453293.jpg










またある時は浜辺でゆったりサンドイッチでも食べて、お店を見たりThe Lanesと呼ばれる、迷路のように細かく巡らされた路地に迷い込んでみるのも楽しい。とにかくこの寛容でセンスがよくて、学生もアーティストも多いこの街で一時期を過ごせた私は幸せだと思う。留学が終わっても何度も訪れてしまう魅力、少しはご紹介できただろうか。
[PR]
by maikojazz | 2010-02-22 14:56 | 旅先; 西ヨーロッパ
色々な意味で開放的なBrightonのビーチでは、お土産屋さんでもユニークなカードが売っている。


f0183347_1248533.jpg

「年は取るかもだけど成長はしないのよね」的な。。


f0183347_12491486.jpg

「聞こえないわけじゃないの、無視してるだけ」とな。。。

どちらも、中年以降のおじさんがワイフに向かってこっそり言ってそうなフレーズ。
ちょっと皮肉な冗談が好きなイギリス人のユーモア、私もけっこう好きです。。





そんなBrightonで年に何度か、Fun runと呼ばれるマラソン大会のようなものが開催される。
これは仮装パレードの延長?みたいにふざけたものが多い。


f0183347_12531743.jpg

f0183347_1255962.jpg


このくらいならいけど、ちょっとこれは...という裸同然の体いっぱいに水色の塗料を塗った人もいたりする。微妙なので、写真は載せないでおこうかな(笑)。





クリスマスの時期には、Father Christmas(サンタクロースのことを、イギリスではこう呼ぶ)の格好でfun runをする。こうしてイベントがたくさん開催されて見物客もたくさん訪れるBrightonって、楽しい街だとつくづく思う。地元の人だけでなく近郊都市からも訪れる人がいるわけだから、経済的にも効果があるだろうし。

f0183347_135811.jpg









これとはちょっと違うけれど、「車をなくそうキャンペーン」?の時は、なぜかみんな裸で自転車に乗ってデモのようなことをしていた。




f0183347_137149.jpg


f0183347_1373995.jpg




こんなにたくさんの人が裸でいたら、恥ずかしくないかも。でもなぜ裸?
こうして考えると、こっちの人たちは裸になることが好きなような...



はめを外さないように?ちゃんと警察がところどころで待機。

f0183347_1392418.jpg






というわけで、次回は「美しい街Brighton」のご紹介に戻ります。
[PR]
by maikojazz | 2010-02-15 13:11 | 旅先; 西ヨーロッパ
大学3年の時にちょっとの間、住んでいた街のことをご紹介。


Londonから快速電車で30分ちょっと南下すると、HoveとBrightonという海辺の街がある。
ここの浜辺は砂ではなく、小石でできているので波打ち際に行くと「カラカラ.... 」という、何とも言えず美しく優しい音が聞こえる。長く座ってるとお尻が痛くなるのも特徴だ(笑)。



夏のビーチはこんなふうに、Londonや近くの街からも訪れる人でいっぱい。

f0183347_1402068.jpg





そしてこの海辺のハイライト?として、pier(桟橋)がある。
以前はもっとたくさんあったのが、今も使われているのはBrighton Pier一本を残して廃墟状態なのが残念だ。


f0183347_1412247.jpg


f0183347_14123548.jpg








まあ廃墟もそれはそれで、雰囲気のある写真が撮れるスポットだったりもするのだけど。

f0183347_14131759.jpg


f0183347_1414291.jpg









Brightonはこの海辺に象徴される独特の開放感が有名で、浜辺にステージを設置して波音と風をスパイスに、バンドのライブがあったり、ゲイパレードがあったりカーニヴァルがあったり。アーティストが多く住むエリア(そしておしゃれなバーも!)あってとても楽しい。そのひとつ、fun runと呼ばれるビーチサイドのマラソンを、次回にご紹介。
[PR]
by maikojazz | 2010-02-09 14:19 | 旅先; 西ヨーロッパ
Parisには思い出がありすぎて、そして思い入れが深いので今まで書きたくてもまとまらずに書けなかった。けれど、溜め込んでもなんなので少しずつ書いていこうかと思う。



Parisに行ったら必ず買うものがある。

それは、大好きなショコラティエール「Jean-Paul Hevin」のチョコレート。
日本にも数カ所あるけれど、私のこのお気に入りは日本には売っていない。

f0183347_16214782.jpg





本名?は実は分からないのだが、4種類のチーズの味と香りを閉じ込めた中身をダークチョコレートで包み、更にそれぞれ違ったハーブやナッツを表面に少量落としたものだ。

f0183347_16285236.jpg







昔からチョコレートの大好きなMJで知られていたけれど、これを食べてからはチョコレートの概念が変わってしまったくらい、とにかく美味しく官能的で口にするたびに感動を呼ぶ食べ物。大人のチョコレート。本当はブログに書かず秘密にしたいくらい、大好きだ(笑)。



これをちょっぴりかじって、シャンパンをぐいっと...。その感動たるや。ちなみに赤ワインにも、夜景にも合う(笑)。


Jean-Paul Hevin(ジャンポール・エヴァン)
Paris市内に数店舗あるので、もしパリに行って愛する人へのお土産に迷ったら、ぜひ。
[PR]
by maikojazz | 2010-02-02 16:32 | 旅先; 西ヨーロッパ