Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年は妙に暖かくて、なかなか秋冬のおしゃれを楽しみたい気分にはなれないけれど、例年ならとっくに手袋(と、それをバッグに留めるホルダー)が活躍して良い季節だ。



初めて大人の?素敵な革手袋を買った、ある秋のことを思い出す。
Parisで先輩クルーに付いてお買い物をしていたら、「そういえば手袋を買いたいの。お店につきあってくれる?」と頼まれた。もちろんいいですよ、とぶらぶら歩いて行くと、そこは小さな通りにある瀟酒な構えのお店。"Gant Muriel"、Murielは女主人のお名前かな?




狭い店内にお客さんはお洒落なマダムが2人。すぐ私たちの番が来るかと思いきや、10分経過しても一人目のお客様は買い物を済ませる気配がない。先輩いわく「ここは納得いくまでお店の人と話して試して、そうやってみんな買うから時間がかかるのよ。でも、本当にぴったりのものをくれるからどうしても欲しくてね」とのこと。なんだかわくわく、私もぜひしっかり採寸?してもらって手袋が買いたくなった。





結局30分ほど待って先輩の番、そしてその後15分ほど後に私の番が巡ってきた。

女主人はまるでハリーポッターに出てくる魔法の杖やさん(オリバンダー)のよう。まず「手首がすっかり出るくらいに腕をまくって」、そして「このクッションに肘をついて私の方に手を見せてちょうだい」と。

まるでお医者さんが聴診器で検診をするかのように真剣なまなざしで手に触れながら、手の厚みや指の長さ、手首の太さなどを調べた後で「ちょっと待って」と席を立つ女主人。


木の棚からサイズが微妙に違う、希望の色身の手袋を出してくれる。私のリクエストは、黒か焦げ茶でカシミア100%の裏地が付いた、暖かいもの。

「そのまま肘を置いて指を伸ばして、手を開かずに」言われる通りに手を閉じて彼女の方に差し出すと、ひとつ選んだ手袋をうやうやしく私の手にかぶせる。指の間が少し浅い。チェックして女主人は「指がもう少し長い物を持ってくるわ」と再度、席を立つ。




先輩の話は本当で、O型の私が「ま、このくらいでいいんじゃないの〜」なんて思っても、彼女は妥協しない。「指を開いたり閉じたりしてみて」とか「手首を回してみて」と指示してくれながら、手袋のフィット感をしっかり確認して、更に合いそうなものを棚から出してくれる。すごい。


本当に合う手袋というのは、まるでもうひとつの皮膚のような気持ちになることをMurielの手袋で初めて知った。外側の柔らかく輝く革と、内側のカシミアがぴたっとくる、この感じ。年月と共にますますなじんで心地よい。




そうやって出会った手袋は、選び抜かれて私のもとに来てくれたという思い出と一緒に、今年も活躍してくれることだろう。


******お店の情報はこちらです******

Gant Muriel
4 Rue Saussaies 75008 Paris

マドレーヌ広場から行くと、Royale通りを右折し
Faubourg St. Honore通りに入り、Hermesなど
通過した後、五叉路が出てくるのでそこを右折。
そう遠くない右側にあります。
***************************************
[PR]
by maikojazz | 2010-11-10 17:07 | 旅先; 西ヨーロッパ