Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz
ご存知のように、空港を街の中(またはすぐ近く)に作る事はなかなか難しい。福岡空港や、中規模までのプライベート機しか降りられないLAのサンタモニカ空港のように、なかには繁華街から近い空港もあるけれど、成田も羽田も、そして海外の大きな空港も大概は、町外れに位置している。



フランス・パリのシャルルドゴール空港も同じ。世界中に多くのファンを持つ花の都パリ。その空の玄関は、Roissy en Franceと呼ばれる小さな村のすぐそばにある。



他の渡航先同様、バブル期には繁華街から近い立地のホテルに滞在できたエアラインのキャビンクルー(いわゆるCA、キャビンアテンダント、またはFA、フライトアテンダント)も、会社のコスト削減に伴いみな空港のそばにステイホテルを持つようになった。私たちのエアラインも、パリのステイホテルはRoissy en France(ロワシー村、と私たちは呼んでいた)に。

Roissy en Franceにはホテルが沢山あり、クルーだけでなくフライト乗り継ぎの人や予算のあまり多くない旅人が泊まるので村はいつもそれなりに人がいる。村の住人より断然、ホテルの宿泊客が多いと思われる。たいてい私たちはオフの日に、いくつかの周辺ホテルを循環するシャトルバスに乗って空港に行く。空港からは薄緑色のRoissy busと呼ばれるバス(胴体が普通のバスの二個分で、長〜い)に乗車し、パリのオペラ座付近で降りて花の都を散策する(このお話はまた別の機会にしようっと)。でも、時々は疲れてしまい、時差と筋肉痛の残る体を休めるべく、村に残るという選択もする。




私たちのステイホテルにはロビーの脇にパブがあり、ビールやワインと共につまむ食事が提供される。しかし揚げ物やクリームたっぷりのこってりしたものは日本時間の午前2時や3時にはあまり食べたくない。そこで、私たちクルーは半分はげたお化粧のまま(そしてロングフライト後特有の赤い目をして)ロワシー村に食を求める事もしばしばある。


ホテルを出てひたすら左に進み、標識に沿って右に折れると、見えてくる小さなロワシー村の"繁華街"。パン屋さんでほうれん草とサーモンのキッシュや、ツナのサンドイッチを買った後にいつもの「コンビニ(なぜかクルーの間でこう呼ばれていた)」へ。おじさんはクルーの到着時間を知っていて、ちゃーんとお店を開けて待っていてくれる。飛行機の到着が送れたり、デブリと呼ばれるフライト後の話し合い(反省会?)が長かったりすると「今、着いたの?今日は遅かったね」と話しかけてくる。フランス人のクルーにそう言うと「私はそんなこと言われたことない、きっと日本人が好きなのよ」と一蹴されたので、その愛らしいしつこさ?はあまりフランス人受けがよくないのかも。

その「コンビニ」には、野菜や果物が売っているので私はいつもプラムやオレンジ、リンゴなどを買って部屋に置いていた。水のボトルは1.5リットル。日本円で40円くらいだ。その他にクッキーやチョコレート、プリンなどの甘いものをしっかり買う。


バス停の脇には花壇があり、いつもきちんと世話されている。可愛らしい季節の花たちが、風にそよいで通行人の目を楽しませてくれる。そのまままっすぐ進んだ突き当たりを右に行くと、小学校だ。子供たちが遊ぶ声、運が良ければ歌声も聞こえてくる。


町の郵便局には良く訪れた。いつも行くと数人が列を作っていて、何故か皆さん用事が長い(笑)。ようやく自分の順番がくると、心の中で練習したフレーズ「日本に出すハガキ代はいくらですか?」と聞いて、まとめて切手を6枚買うのが習慣だった。



気の合う同期や、年の近い先輩と何度も行った村一番?の人気レストランが、「Aux Trois Grourmands」。ガレットとクレープが中心のお店だけれど、なぜかアメリカのダイナーみたいにハンバーガーとフライドポテトなんかもあり、なぜか美味しい(笑)。今思い出すとスイスあたりにあるロッジを彷彿させる店内はいつも薄暗くて、でもお客さんたちがいっぱいでがやがやと賑わっている。仕事帰りのエアフランス地上係員たちもよく、IDカードをぶら下げたままワインと食事を楽しんでいる。ガレットは元々はブルターニュ地方のものらしいけれど、ロワシー村のガレットもすごく美味しい(笑)。かりっとしながら部分的にはもちもちしたガレットに挟まれたハムや卵、トマトにチーズ。白ワインやシードルを飲みながら、フライト中にあったあんな話やこんな話を仲間とする。国際線CAの悪いところは、海外のステイ先で他に日本語を理解する人がいないのを良い事にけっこう聞かれたくない話を開けっぴろげにしてしまうところかも。。。




ロワシー村に滞在する人はパリを旅する日本人のごくごく一部だと思うけれど、空港のそばにはこんな愛らしい田舎町があることを知らせたくて、記事にしてみました。



あぁ、なんだかまたここのガレットが食べたくなってきたなぁ。
[PR]
# by maikojazz | 2011-04-21 23:38 | 旅先; 西ヨーロッパ
めにはみえなくても
いろんなかみさまがいて







さまざまなばしょで
いろんなおうちにすんで

f0183347_21355870.jpg










わたしたちを
まもってくれている

f0183347_21564165.jpg












あしたがよくなりますように

みおくるひとから
すこしずつなみだとかなしみを
とりのぞき

f0183347_2203763.jpg











みおくられるひとに
やすらかなきもちを
あたえてくれますように

f0183347_2214738.jpg













みんなでいのれば
だいじょうぶ
どんなかみさまでもだいじょうぶ

f0183347_2255299.jpg














だいじょうぶ
ぜんぶつながっているから
むこうのむこう そのおくで

f0183347_2231964.jpg

[PR]
# by maikojazz | 2011-03-29 22:07 | 旅先; その他

##### お知らせ #####

いつも当ブログを見に来て下さる皆様、ありがとうございます。

すでにご存知の通り、3月11日に東北を中心とした東日本において大震災がありました。
私、MJの実家は宮城県にあり、ひどく被災をしましたが、幸いなことに近しい者のなかで
命を落とす事態には至りませんでした。


現在はインターネット等で情報を得ながら家族や親戚、友人たちにできるだけの情報を
提供しながら安全を祈っております。こんな状況ですので、更新を楽しみに訪れて下さる
皆様には申し訳ないのですが、更新は落ち着くまでできないことをご了承下さい。


被災しなかった方/被災の軽い方にお願いです。
節電をして下さい。物資の買い占めを止めて下さい。車のガソリンは必要最低限に。
物資ではなく、義援金の寄付をお願いします。



また、新たな気持ちで記事を更新できる日まで。
[PR]
# by maikojazz | 2011-03-15 12:57
知らない道を運転するのはあまり得意ではないけれど、その時の私には目的があった。
半月ほど前に仕事で飛んだハワイのホノルルで、ビーチバーでたまたま隣同士になって知り合ったブラジル人の女の子、Fちゃんに会いに行くこと。


彼女の住むDeerfield Beachまで遊びに行くには、Fort Lauderdaleから車でルート95をひたすら北上すれば良い。ホテルのコンシェルジュでしっかり道順を聞き、信号の名前まで教えてもらって準備はばっちり。クルー用に貸し出されたレンタカーの鍵をパイロットPから受け取り(くれぐれも運転には気をつけろ!と念を押された)、いざ出発。




フロリダらしい気持ちのよい快晴。暑すぎず、寒くもない乾燥した天気も最高だ。レンタカーのヒュンダイは運転しやすく、車のナンバープレートはかわいらしく(笑)、幸先の良いスタート。

f0183347_1511052.jpg




ちょっと迷ったものの40分ほどで、待ち合わせのブラジリアンレストラン、Cafe Mineiroに無事到着。待ち合わせの時間ちょうどだけど、Fちゃんはまだ来ていなかったので駐車して店の前で待つ。

約束より15分ほど遅れて、Fちゃんとお友達の女の子が登場。「本当にまた会えるなんて、夢みたいだね!私たち、ついこないだホノルルで会ったんだよ!」と、興奮してFちゃんはお友達に話すのを私はニコニコ聞いていた。「話してたら年末にこっちに来るって言うから、じゃあ会おうって言ったら、本当に連絡くれたの!日本人のMJだよ」

f0183347_1517410.jpg



レストランは「ポルキロ」という、食べたいだけお皿に取ってその重さでお金を払うシステム。フロリダにはブラジル人がたくさん住んでいるという。確かに、お店の中でポルトガル語を話していないのは私ぐらいだ...。


ブラジルの音楽が好き、と言ったらFちゃんのお友達は「好きなアーティストを言って!それに近い他のミュージシャンを教えてあげる。それで、ブラジル音楽を扱ってるお店を教えてあげるから行ってみるといいわよ」と嬉しい提案。そこで私は、いくつか名前をあげてみる。そして教えてもらったアーティストをメモに書いた。


2時間半ほど彼女たちと食事し、おしゃべりも楽しんでお別れ。「今度はブラジルか日本で会いたいね!」とハグしながら。





メモを参考に、ブラジル音楽のお店を訪れてみることにした。10分ほどドライブしてたどり着いたその店は、CDのほかに衣類や雑貨、ちょっとした食料も扱うなんでも屋さんみたいなところ。CDは自由に試聴もできたので、私は夢中になって片っ端から試聴。結局6枚ものCDと、ガラナとチョコレートバーを手にして店を出たのは1時間以上後だった。


無事にホテルに戻り、パイロットPに車の鍵を返してからさっそくCDを聴く。なんだかとっても特別なことをし遂げたような錯覚に陥る。ホノルルで会った人にフロリダでまた会って、ブラジルの音楽を聴きながら窓の外の景色を眺める自分(笑)。そんな酔いしれを中断したのはさきほどのパイロットPからの電話。「夜は、ブラジリアンBBQ(シュラスコのこと)を食べに行こうか!」





次の日にはパイロット二人と一緒に最終日の観光。車に乗ってビーチ沿いをドライブ。

f0183347_15375259.jpg


アメリカ人のキャプテンWは、「いいところだな〜。I love Florida!」と言いながら眩しそうに海を眺める。彼の住む北カルフォルニアにも海はあるでしょ、と言うと「僕が住んでいるのはタホ湖のそばだよ。湖もいいけどね。」と微笑む。





思いがけずゆっくりとして(私たちのtripパターンとしては珍しい)思い出もしっかりできた滞在。またいつか、と思いながら私たちは再び機内へ。お客様を乗せて、次の目的地へ旅立ったのでした。

f0183347_15421820.jpg

[PR]
# by maikojazz | 2011-01-25 15:42 | 旅先; 北米
ご無沙汰しています。気づいたらクリスマスも過ぎ、一年が終わろうとしています。2010年が終わる前に、ぜひとも投稿しなければと思いつつ、なかなかまとまって時間が...(以下省略)。



さて、日本人にはあまり名が知れてはいないけれど有名なヴァカンス先、そしてリタイアしたアメリカ合衆国のお年寄りが住みたいと思う場所ナンバーワン(かどうかは知らないけど、人気があるのは事実らしい)。フロリダ南部のFort Lauderdaleに数日滞在した。
Fort Lauderdaleは海辺の素敵な街だ。入り江には高級そうなヨットがたくさん停まっていて、リゾートホテルもたくさんある。年末でも暖かく、Tシャツに軽い上着を羽織って暗くなって外に出ても寒くない。ちなみに暗くなってから一人で外に出てもこの辺りは心配ないとホテルの人に言われた。とても治安がいいのよ、と。


到着した次の日。Captain Pとギリシャ料理店でランチをした後、海辺に散歩に出た(車に迷って、ずいぶん遠回りをしたのでMJはちょっと疲れた)。長ーい桟橋を海風に吹かれて歩くと、いろんなもやもやしたものも一緒に遠くに行ってくれるような感じがする。
サーフィンをする人、寝転がる人。私たちのようにただ散歩をする人。みんな、なんだか幸せな太陽と風の恩恵を受けている。

f0183347_17132678.jpg

f0183347_1733419.jpg




ゴミ箱だけど、こういうユーモアっていいな。もちろんポイ捨てなんてしないけれど、ますますマナーを守りたくなる。

f0183347_1714063.jpg






海辺だからこそ似合う自転車置き場。青空にも合うけれど、満点の星空だったらもっとロマンティックでいいかも、なんて想像をしながら。

f0183347_1721351.jpg




(次回に続きます。)

...と、また年をまたいで続き物にしてしまいすみません、また来年も細々と続けて行きたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
# by maikojazz | 2010-12-29 17:41 | 旅先; 北米