Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

タグ:Singapore ( 4 ) タグの人気記事

インド人街のことを書く前に、ひとつ印象的なお話があったのでご紹介。
(って、まるで2か月半のブランクなど存在しないかのように書いている私をお赦し下さい)



ある時にタクシーに乗り、ふと運転席の脇を見るとアラビア語のロゴ?のようなものが大きく貼ってあった。ちょっと気になって「それは、アラビア語?なにかのモチーフですか?」と運転手さんに聞くと「あぁ、私はムスリムなのでね。これはアッラーの教えを忘れないためのマークだよ」との答え。

「そうでしたか。」「私はもう三度もメッカに行ってるんだよ。メッカは知ってるよね?」「はい。一生に一度は必ず訪れたいイスラム教の聖地ですよね。よく知らないけれど、ラマダンなども大変なことでしょう」
私が何気なくそういうと、彼は「僕が思うに。ラマダンは素晴らしいことだと思う。一年に一か月くらい、昼間に食べられなくたっていいんだよ。夜が来れば食べられるのは分かっているし。空腹を感じることで、普段自分がどんなに恵まれているか、昼だけじゃなく夜だって食べられない人たちがどう感じているかを体感できるんだから。そうすれば、道端でおなかを空かせて座り込んでいる人を見た時に躊躇せずお金をあげられる。イスラム教は僕にとって、そういう分け与える事やつらい気持ちを理解する気持ちを教えてくれるよりどころなんだ。」と、何のてらいもなくそう語った。


うん。本当に、そうだと思う。かといって、自分がイスラム教に入教しようとか、そういう風に思った訳ではないのだけど。宗教によって、または宗教関係なくとも、自分の欲を抑えて恵まれない他人を思うことに共感した。それだけでも、Singaporeに来てよかったと思える。

こうやってほんのたまに、思いがけないメッセージを受け取れることを幸せだと思いたいな。
[PR]
by maikojazz | 2011-10-09 18:10 | 旅先; 東南アジア
(すぐに続編を書くつもりが... 毎日ちゃんとチェックして下さる皆さんすみません!)
シンガポールの中華街、つづきです。
********



神社だったり小さなお供え台やお地蔵さんだったり。身近に神様がいるっていう感覚は日本人にもあるから、アジアのこういうのをみると何となくほっとする。
f0183347_13131025.jpg




雨のせいかな?雰囲気の素敵な小道。
f0183347_13151091.jpg




ここからほんの少し歩いたところにあるのが、スリ・マリアマン寺院。一気に南インドまで来たような錯覚に陥る、魅力的な場所だ。ちなみにここに初めて来たのは22歳。その時に受けたカルチャーショックのような心地よい衝撃?を思い出した。
f0183347_13162440.jpg

f0183347_13163975.jpg




天井の壁画がまた、色鮮やか。
f0183347_13164999.jpg




ここにいる人たちの生活には欠かせない、祈りの場所。シンガポールは、面白い。中華街の中にインドの寺院があり、モスクがあり、また逆にアラブ人街にも中国系寺院があったり。混沌とした中にも微妙な住み分けがあって。Orchard road(一番の目抜き通り)にいては決して分からないこの面白さ。だからこの国が好きなのかもしれない。





そして中華街散策の終点、China Town駅から地下鉄に乗って、さて今度はどこへ行こう。
f0183347_1317113.jpg

[PR]
by maikojazz | 2011-07-29 13:27 | 旅先; 東南アジア
私にとって、急に数日空いた時にふと行きたくなるのは、遠すぎず近すぎずのシンガポールやタイだ。
一昔「アジアごはん」なんてフレーズがコンビニのCMで使われていたけれど、私はアジアごはんが大好き。毎日フレンチやイタリアンはちょっと飽きるけれど、アジアごはんなら飽きない自信ある!笑
(ごはんレポはまた次回以降にお伝えします...)





多国籍文化がとにかく楽しく感じるシンガポールは、永住権を持つ人口の75%が中国系、14%がマレー系、9%がインド系だそうだ。なので公用語も4つある。実際現地にいれば気づくが、シンガポールにいるインド系の人はデリーなど北部で普及するヒンディ語を話す人々ではなく、東南インドで広く普及するタミル語を話す人々が多いので、公用語もタミル語だ。



例えば地下鉄の表示にも英語、中国(北京)語、マレー語、タミル語の四カ国語が表示されている。

f0183347_225374.jpg


f0183347_22525044.jpg


f0183347_22523255.jpg




とは言え、若い世代はほとんど皆が英語を話すらしい。多くの観光客でにぎわうOrchard road辺りでも表示は大概英語のみだった。

(正しいことをしよう!ゴミを捨てよう!と訴えるお洒落なゴミ箱)
f0183347_23164841.jpg




個人的にツボだったのが「Press for Green man」という押しボタン式信号の表示。
f0183347_2318235.jpg






と、シンガポールの概要紹介はこのくらいにして、ピンポイントで街を訪れてみましょう。
(次回に続きます)
[PR]
by maikojazz | 2011-06-14 23:20 | 旅先; 東南アジア
多民族国家のシンガポールでは、中国、マレー、インドそしてイギリス、日本などバラエティ豊かな文化が根付いている。気づいたら一週間毎日違う国の料理を食べていたりする。日々触れる異文化たち、それが私には大きな魅力だ。仕事でもプライベートでももう数十回訪れているけれど、毎回この小さな国は飽きることなく魅了してくれる。そこで、今回は街を歩いて気になったものを紹介。





ある日の昼時。歩道橋のエスカレーターで目の前に立っていたおじさんがこんなものをぶら下げていた。

f0183347_1602478.jpg


きっと熱々のスープか何かだろうと思うけれど、この人は中国系だったので中華料理?
本当は後ろから「すみません、それは何ですか?」と聞きたかったけれどやめた。






地下鉄でおしゃれな広告を見つけた。こんな展示方法、初めて見た。

f0183347_1642851.jpg


f0183347_1644272.jpg


カラフルで楽しくて、いい!と思ったのだけれど写真を撮ってるのは私だけだった(汗)。
東京メトロなんかでもやったらいいのに。
でも。。。結局何の広告だったんだっけ?笑








THAT CD SHOPはシンガポールにいくつかあるけれど、ここがお気に入り。

f0183347_16172649.jpg



セレクションと内装が好きで、2時間くらいは平気で過ごしてしまう。ラウンジ系ミュージックや有名コンピレーションもの(Hotel CostesやCafe del Marなど)も豊富だし、エレクトリックなタンゴやジプシーもの、「なんでこんなものが!」というマイナーなものもけっこうあって嬉しい。まさにMJ好みのお店なのだ。ちなみに日本のものもけっこうあり(宇多田ヒカルとか椎名林檎とか)、値段は日本よりだいぶ安い。







リトル・インディアで香辛料を買ったり、アラブ人街でふらりと入ったカフェでお茶を飲んだり、風水に基づいて建設されたモールに行ったりもする。4カ国語で書かれた地下鉄の注意書き。かと思えばそんな喧噪を一切忘れて川沿いでぼーっとしながらワインを飲んだり。まさに解放される至上の時を、Singaporeで過ごしたい。
[PR]
by maikojazz | 2010-03-11 16:39 | 旅先; 東南アジア