Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第四十四回 ハワイ島Hiloへ、日帰り

(前回からの続きです)
お客様から「明日、どこかに日帰りで行きたい」というリクエストを頂き、急いで各方面への連絡や買い物などに取りかかる。ビールで気持ちよくなっていた頭だけれど、必要なものが自動的にリストアップされていく。日が沈んで暗くなったワイキキはまだまだ賑わっていて、陽気な観光客でいっぱいだ。


というわけで次の日は6時に起床し、フライトへ。行き先はハワイ島のヒロ。
ホノルル空港を離陸し、本来のフライトタイムは30分だったけれどお客様のリクエストにより大きく島を一周して空からの眺めを楽しむことに。


f0183347_1575187.jpg


ハワイ島のキラウエア火山はまだまだ活動中で、高い山にはうっすら雪が積もるのが見える。黒い筋は、地表を溶岩が流れた跡。


f0183347_1510543.jpgf0183347_1510096.jpg




夜にこの上空を飛ぶと、暗闇のなかで赤く吹き出た溶岩がよく見えるそうだ。さすがにこの真上は避けて飛行する。万が一噴火したら、飛行機も溶かされてしまうものね。



f0183347_1512081.jpg






白い煙が出ている。聞くとこれは溶岩が地表を通らずに潜るように流れて、ちょうど海に到達しているところだという。ジュワーっと、海の水に出会って冷やされる溶岩。これによってハワイ島の形は常に少しずつ変化しているのだそうだ。


f0183347_15163039.jpg
f0183347_15164063.jpg


地球って、すごいな。またそんなことを思いながら窓の外を眺め、いよいよヒロ空港に着陸。上空から観光を楽しんだので結局、フライト時間は55分となった。




おなかがぺこぺこだった私たちcrewは、機内で私服に着替えてハンドラー(飛行機そのものやcrewを世話してくれる現地ごとのスタッフ)に送ってもらい、ランチをした。あ、ここ知ってる... 去年の7月に、コナから2時間かけてヒロにドライブした時にも来たレストランだ。


f0183347_15205763.jpg


「地元の人たちに愛されているダイナー」とハンドラーの彼女が教えてくれた通り、昔懐かしいような雰囲気の食堂で、私は前回と同じタコサラダ(Tacos salad with chicken)を頼む。PilotのHはめざとく誰より先に、上に乗ったサワークリームとワカモレをフォークでつつく。「私のごはんなんだけど... 」なんてことは言えない(笑)。

f0183347_15253935.jpg





満足、満腹でハッピーになった3人のcrewは、そのままお散歩。日本人移民記念公園という公園に辿り着いた。

f0183347_15295796.jpg


ここで頑張っている移住者たちが故郷への思いを馳せて、ここでつかの間の休息を取ったりもしたのかな。
ブラジルの移民を見てもこのハワイ移民を見ても、いまいち日本にいる日本人に彼らの努力や現地で築いて来た名誉が伝わらないのはなぜだろう。一方的な仲間意識ではなくて、双方の強い絆を。「知る人ぞ知る」的な感覚ではなくて。そんなことを考えながらゆっくりと歩いた。

f0183347_15332842.jpg






日帰りでHiloへのフライトは、思いがけずとても楽しいものになった。
[PR]
by maikojazz | 2009-01-20 15:36 | 旅先; ミクロネシア/ ハワイ諸島