Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第百八回 Moscow, Russia

モスクワのDomodedovo(ドモジェドヴォ)空港に到着したのは、ちょうど車の渋滞が一番激しいと言われる金曜日の夕方だった。空港から1時間半以上かけてやっと到着したモスクワの街。「金曜日の夜だから、皆中心に行くんだよ」(?)と、私たちと飛行機をケアしてくれてるハンドラーさんが説明してくれる。それにしても... 信号も横断歩道もほとんどない(歩行者は皆、地下通路を通らなければならない)3車線が、びっしり車で埋まって動かないなんて。



f0183347_13102184.jpg







そして大都市モスクワにはまだ電線がこうして頭上を走っている。これがなかったら絶景!というポイントもあるのに、もったいない。ほら、ここも。偶然に道路標示の矢印の先から虹が出ていたシーン、けっこういいのに電線が...。

f0183347_17491352.jpg






あまりにも着かないので我慢の限界、と途中でトイレ休憩を申し出た私。
なぜか運転手さんはすぐには止まってくれず10分ほど更に走って「Japanese...Restaurant...。」ええ〜、別に日本人だからといって、ここじゃなくてもいいですよ!と思いつつ、爆笑するpilotたちを後に、レストランへ。でも運転手さんの優しい心遣いに、車に戻ってスパシーバ!と言うと彼は「Ahhhh、ファイン。」と照れていた。






ようやくバスはホテルに到着。ほっとするもつかの間、チェックインの時「ホテルに滞在中はパスポートを預かります」と言われる。なぜ?どうやらビザが本物かどうか確認が取れるまでは返してくれないようだ。Captainが代表で交渉。「私たちはcrewなので心配ありません。さきほど空港でcrew用のインスタントビザを申請して発行してもらったばかりなので本物です」と。ちょっと緊迫した空気のなか、ロビーで30分ほど待機しても埒があかず...。結局、お部屋に通してもらってから1時間後にまた下に降りて、マネージャーらしき人と話をして返してもらえることに。ロシアもなかなか思う通りには事が運ばない。






次の日。疲れて眠ってしまった前の晩からほとんど何も食べていなかった私はおなかがすいて目が覚めた。さっそく街をお散歩、と思いつつ仕事のお買い物もしないと〜、と思い直してホテルのコンシェルジュでスーパーマーケットの場所を聞き、まずは必要な物品のお買い物。


途中で迷う方向音痴な私。。。ふと見上げたらまさに行こうとしている場所の案内が。ちょっとだけロシア語が読めてよかった。

f0183347_13373095.jpg




このスーパーマーケットがとても近代的で豊富な品揃え!デリのお惣菜もパンも美味しくて、機内でお客様に使うカクテルナプキンも素敵な模様がいっぱい。おみやげになる小さなお菓子や調味料も一緒に買って、うきうきホテルへ戻った。






この日は一日オフだったので、Captainたちが「赤の広場に行ってみないか」と観光に誘ってくれた。しかし... この買い物の後になぜか体調を崩してしまった私は泣く泣く彼らを見送り、ホテルで休息することにした。なので、観光の写真はなくって残念。せめてスーパーマーケットのそばで見つけた舞台広告?のようなものを。



f0183347_17484449.jpg

[PR]
by maikojazz | 2010-01-12 17:52 | 旅先; 東ヨーロッパ