Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第百十五回 Rotorua- Auckland, New Zealand

ある時のフライトで、ロシアのある地からニュージーランドのRotoruaまでというルートがあった。
それまでニュージーランドに行った事はなかったので、ちょっとうきうきしていた。Rotorua空港に降り立ち、お客様を見送った後に私たちcrewも入国審査をする。そして、飛行機をそこに停めて一泊することができなかったためにそのまま機内に戻り、すぐそばのAucklandに移動。きっと成田ー羽田間と同じくらいの、短い距離だ。それまでいらしたお客様の代わりに搭乗するのは、Rotoruaでお客様と飛行機のハンドリングをしてくれたJさん。元々の住まいと勤務先はAucklandなのだけど、Rotorua空港が手薄なためプロペラの付いた小さなターボプロップ機で駆けつけてくれたのだ。

f0183347_8185357.jpg







親切でfriendlyなJさん、初めて会ったのにそんな気がしなくて不思議だ。実際、世界の何カ所かにいる「初対面でなぜか気が合う人」の一人だ。台北のハンドラーRさんやドバイのハンドラーHくん、バンクーバーのケータリング係のNちゃんもそうだ。

そのJさんと私は、キャビン中ほどのダイニングテーブル席に向かい合って座り、Aucklandまでのフライトの間ずっとおしゃべりをする。日本人のprivate jet crewに会ったのは初めてというJさんは、これまでに私が行った場所で最もexcitingだったのは?とか、この飛行機は最高どのくらい飛べるの?など質問攻め。私もそれに答えつつ、Aucklandの生活やRotoruaにいるマオリ族のことなどを聞いた。


Aucklandに着いてからGuamに戻るまではまたフェリーフライト(お客様なしの飛行機とcrewだけの移動)なので、ミニマムレストが適用される。悲しい事に観光などは一切できない。Aucklandの空港オフィスでcrew mealだけをオーダーし、コーヒーを飲みながら思い出した!
「そうそうもう一つ、マヌカハニーを買っておいていただけますか?機内の蜂蜜はRotoruaの検疫で取られちゃったの」




マヌカハニーとは、ニュージーランドで自生するマヌカ(オーストラリアではティーツリーと呼ばれる)の花から取れる特別な蜂蜜だ。抗菌作用があるので、普通にヨーグルトに混ぜたり飲み物に溶かして使う以外にも、のどが痛い時にそのままなめたり傷口に塗ったりする。実際、口内炎ができた時にマヌカハニーを塗っていたら半日で痛みが取れた。日本で買うと高いしGuamにはそんなしゃれたものは売っていないので、ここAucklandでお買い物を依頼。「お易い御用だよ!」とJさんは微笑んでくれる。







 次の日の出発時。Crew mealとマヌカハニーを受け取り、機内で出発準備をしていたら。トントントンと誰かがステップを上がってきたので見るとJさんだった。「Hi MJ, 準備は順調かな?これ、あなたのフライトが楽しくなるように」と小さなかわいらしいブーケを差し出してくれる。「え、私に?ありがとう!」ちょっと感動。今までそんな風に、お客様へではなく私のためにお花を用意してくれるハンドラーさんには会った事がなかったから。もう〜、Jさんがあと10歳若かったら好きになっちゃうかも!


おかげで?そのフライトはpilotsに「お花をもらったんだって?もてもてだな〜」とからかわれながら最後まで浮かれ気分。観光できなかった街でも、そんな人との関わりが暖かく印象づいて「また訪れたいな」という気持ちになってしまう。また、いつの日か。
[PR]
by maikojazz | 2010-03-02 08:56 | 旅先; オセアニア