Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第四回 ホーチミン

ある時、チャーターのお客様からこんな依頼を受けた。
「9名の旅客全員が機内で布団を使って眠れるようにアレンジしてくれ」と。
むむ。機内にはセミダブル程度のソファーベッドが2つ。

お客様は、身体の大きなロシア系の男性ばかり。しかもそのtripのスタートはベトナムのホーチミン。私は民間機でホーチミン入りし、別なクルーで別なルートを飛んで来た飛行機にジョイン、その後ロシアのウラジオストックまでお客様を迎えに行くというフクザツな乗務方法だ。日本で布団を買って持っていくことはできないし、収納場所の限られた機内では、基本的に2-3組のシーツと枕カバーしか置かないので予備はない。
結局、会社に「前々日入りさせて下さい」と頼み、空いた一日でホーチミンのデパートに布団と枕とカバーを買いに行くことにした。
f0183347_12435226.jpg




一通り買い物を終え、レモンやチーズ、各種ジュースといった機内用の食料品もついでにスーパーマーケットで購入し、山のような荷物を滞在ホテルに届けてもらえるよう手配をした後、おなかが空いていると気づいた。すぐそばには手軽なフードコート。そりゃ、行くしかないでしょう。

ぐるり一周して品定めのち、ベトナムの国民食といっても過言ではないフォーをいただくことに。牛肉入りの「フォー・ボーを下さい」と頼む。
f0183347_12425324.jpg


必ず付いてくるライムをたっぷり絞り、好みでレモングラスやミントといったハーブ類、もやし、生の唐辛子も加えて頂く。だしがきいていて、米粉でできた麺はあっというまに優しくおなかへつるつると入っていく。ああ、アジアのごはんはほっとする。


言い訳ではないけれど、このフォーはさほど大盛りではなかった。
食べ終わった後にふと横を見ると、大学生くらいのカップルが美味しそうな春巻を葉っぱに巻いて食べていた。頭ではなく胃が反応する瞬間。

f0183347_12533572.jpg


普段あまり揚げ物を好むタイプではないのに、この春巻はペロリ。。。




満たされたおなかで少しだけお散歩。


f0183347_1256446.jpg

いつまでたっても運転手の来ないシクロタクシーや、




f0183347_1258177.jpg
のんびりおしゃべりをするココナツジュース売りのおばちゃんたちを眺めながら、





初めてここを訪れた時の衝撃や、戦争の跡や、ここ数年で日本人観光客も増えてどんどん変わっていく街のことを思った。いいことも、悪いことも、世界のことを両方知りたい。その上でその国を好きだといえたら素敵だ。




... そして、ロシア系のお客様たちは派手な宴のあと見事に全員パンツいっちょで、私の買ったお布団でお休み下さいましたとさ。
[PR]
by maikojazz | 2008-09-13 13:10 | 旅先; 東南アジア