Private jetフライトアテンダントとして地球のあちこちを旅するMJのつれづれ日記。***すべての文章、画像の権利はMJにあり、無断転載を禁止します。***   お問い合わせはmaikojazz*excite.co.jpまで。


by maikojazz

第十回 Monterey, USA 前編

Montereyってどんなとこ?と聞かれたら私はこう答える。
「西海岸だけに一年を通じて温暖な気候。小さな美しい港と、山の上にある高級ゴルフコースが有名。ワイン作りも盛んで、特に白ワインが美味しいみたい。のんびりできる、心地のいい町だよ」

f0183347_12114065.jpg

f0183347_12122778.jpg




日本人crewを受け付けないお客様のために、うちの会社にはnon Japaneseのフライトアテンダント(以下、FA)がいる。ある時、新しいFA訓練としてGuamからMontereyのフェリー(つまり、お客様なしで飛行機とcrew移動だけのフライト)の乗務を頼まれた。MJにとって、初めての日本人以外の訓練生Tちゃんだ。

最初、25歳のアメリカンガールTちゃんはちょっとつっぱっていた。まるで「私はきちんとできるし、教えることだけ教えてあまり指図しないでよね」とでも言うかのように。Guamでスーパーマーケットに連れて行っても「私は訓練生なんだから分からないよ、MJが決めてよ」あれれ?なんか、強がりさん??


実際に機内で食事の盛りつけをさせると...。これじゃお客様には出せない!のレベル。
じっくりと教えて、更にワインとチーズの話になる頃には相づちしか打たなくなった。
「...これは知ってる?」「No」「じゃあ、これは?」「Don't know」...
「じゃ、ノートを開いて私の言うことを書き留めてくれる?」と、ワインとチーズの種類や味の特徴、一緒に出せるナッツやドライフルーツについてを説明した。一生懸命にノートを取る彼女、徐々にかわいらしく素直になるのが分かる。


Montereyに到着するまでの9時間半のフライト、1時間半の休憩以外はひたすら訓練。さらにホテルに着いてからcatering会社に電話をさせ、どんなふうに食事を頼むか実際にやってもらう。近くで聞きながらアドバイス。その後タクシーで最寄りのスーパーに行き、機内で出したアイデアを実現すべく更なる食材やハーブを購入。
「あたしもうくたくただけど、なんか楽しいね!緊張してるけど楽しみ!」
「MJが先生で良かったよ」なんて、だいぶ打ち解けた彼女。楽しんで飛んでほしい。大変だけど、いいこともたくさんあるはずだから。


次の日は、いよいよお客様を迎えての初フライト。空港まで一緒に行って、機内準備やフライト前のチェック項目をTちゃんがひとつひとつこなすのを後ろで見守る。「緊張して吐きそう」という彼女の背中を「大丈夫よー」とさする。Pilotsに「Tちゃんをよろしくね」と頼んで飛行機を降りた。

お客様が到着し、私はオフィスで飛行機が飛んで行くのをお見送り。
まだ時計は昼前。明日の朝までのフリータイムをどう過ごそうかな?

アップグレードされたお部屋はsuite。とりあえず、テラスでぼやーっとする。

f0183347_12245974.jpg



(最近続き物が多いですが、ええ、後編につづきます)
[PR]
by maikojazz | 2008-09-25 12:27 | 旅先; 北米